美容皮膚科

美容皮膚科について

美容医療に対しては「やりたいけど費用が心配」「本当に効果があるのだろうか」など不安はつきものです。当院では医学的根拠に基づいた治療を行なっており、エビデンスの低い内容は行なっておりませんので安心して施術を受けていただけます。また、患者さんにとって必要のない施術を勧めたり、高い化粧品を勧めたりすることもありませんので、まずはお気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛

医療用レーザーを使用します。

「確実」に「スピーディー」に脱毛できるのは医療用脱毛となります。脱毛レーザー治療では患者さまご本人による照射前・後のお肌のケアが大変重要になります。

医師、看護師がわかりやすく丁寧に説明します。
また当院では初診時のカウンセリングは必ず医師が行い、施術の前にも必ず医師が診察を行いますので安心して施術を受けていただけます。

料金表はこちら

シミ

シミ

シミにはいくつか種類があります。顔にある円形のシミ(老人性色素斑)にはレーザー治療が効果的です。レーザー治療が禁忌である肝斑など、全てのシミにレーザー治療の適応があるわけではありません。

当院ではシミの診断を行い、患者様のご予定等お聞きしながらルビーレーザーを使用した治療計画を立てていきます。また治療後のダウンタイムに対する適切な処置法も詳しくご説明します。

料金表はこちら

治療のメカニズム

①シミ・アザ
シミ・アザ

シミやアザは皮膚のメラニン色素の異常な増加によって生じます。増加の度合いや深さにより茶・青・黒に見えます。

②レーザー照射
レーザー照射

ルビーレーザーの光はメラニン色素によく吸収されるので、正常組織のダメージを最小限に抑えながら、メラニン色素そ選択的に破壊します。

③色素の排出・吸収
色素の排出・吸収

破壊された色素は、皮膚の浅い部分にある場合は、数週間のうちに体表に排出されます。皮膚の深い部分の色素は、数ヶ月のうちに組織に吸収されます。

④治療後
治療後

破壊された色素の排出・吸収が進むにつれて、シミ・アザのない正常な肌に近づきます。

タトゥー除去

タトゥー除去

結婚、出産、社会人になる、子供とプールや温泉に行きたいなど様々な理由でタトゥーを消したい人は大勢おられます。消したいけど手術は怖い、範囲が広く大きな傷跡は残したくない、人に知られたくない等のご事情のあるかたにはレーザー除去をお勧めします。

当院ではルビーレーザーを用いてタトゥー除去を行っています。タトゥーのサイズや使用されている黒色以外の色素は除去不可の場合があります(広範囲のものやカラーが入っているもの)。

まずは医師の診察を受けていただく必要があります。また施術後の処置法など季節によっても異なります。処置法についても詳しくご説明します。

料金表はこちら

イボ、ほくろ除去

イボ、ほくろ除去

当院で使用するのはCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)です。水の吸収特性が高い10,640nmの波長なのが特徴です。色素性母斑、脂漏性角化症(老人性疣贅)、黒子などが適応です。

処置後のケアについても医師が詳しくわかりやすく説明します。

料金表はこちら

ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴールピーリング)

ケミカルピーリング

肌の表面にサリチル酸マクロゴールを塗布し、古くなった角質を化学的に溶かす治療です。

皮膚表面の古い角質を除去することにより、新しい皮膚の再生が促されます。水分保持力をアップさせ、肌の老化予防・アンチエイジングにも効果的です。

施術前には必ず医師が診察し丁寧に説明いたします。✳︎サリチル酸マクロゴールは医療機関でのみ取り扱いができる薬剤となります。

料金表はこちら

ボツリヌス療法

ボツリヌス療法

ボツリヌス療法はボツリヌス菌から産生された毒素より精製された製剤を注射し、発汗の抑制、筋肉の収縮を和らげる治療です。

こんな方におすすめ

  • 眉間のシワが気になる方
  • ひたいのシワが気になる方
  • 目尻のシワが気になる方
  • 手汗、ワキ汗が気になる方
  • 歯ぎしり、食いしばりが気になる方
  • エラを小さくしたい方

施術は全て副院長が行います。

01. 多汗症

・腋汗(腋窩多汗症) ・手汗

多汗症とは、汗の量が多くなる原因となる病気や障害がないのにもかかわらず、多量の汗に悩まされる疾患です。その代表が腋窩多汗症です。

ボツリヌス療法はエクリン汗腺が交感神経から伝えられる汗を出す指令を受け取れないようにブロックすることにより、発汗を抑えることが期待できます。腋臭症(ワキガ)の原因となるアポクリン腺には作用しないため腋臭症には直接的な効果は期待できませんが、発汗を減らすことによってシャツの汗シミを軽減することができます。

02. 表情ジワの改善

表情じわとは顔の表情を作っている筋肉が動くことにより出来るしわで、額や眉間、目尻に見られます。また加齢により、無意識に力が入ることで見られることがあります。ボツリヌス療法によって筋肉の収縮を防ぐことによって改善、予防することが期待できます。深く刻まれてしまったシワはヒアルロン酸の注入などでした対応が困難となります。刻まれてしまう前に予防的にボツリヌス療法を受ける方も多くおられます。

03. 歯ぎしり、食いしばりの改善、小顔効果

咬筋(こうきん)と言われるエラの筋肉が睡眠中に強く収縮することによって、歯ぎしりや食いしばりが起こります。ボツリヌス療法によって筋肉の働きを弱め、予防、改善することを目的としています。またエラが発達している方は、エラの部分がシャープになり小顔効果が期待できます。

04. ガミースマイル

ガミースマイルとは、笑った時に歯ぐきが3mm以上見える状態のことを言います。大きく見えてしまう歯ぐきがコンプレックスの原因となることもしばしばです。ガミースマイルの原因は骨格や歯並び、歯茎、上唇の位置や口周りの筋肉の発達など様々な原因がありますが、上唇を上げる筋肉が発達しすぎている場合はボツリヌス療法にて改善することが出来ます。効果は4~6ヶ月ほど持続します。

05. オトガイ筋ボツリヌス療法

アゴの筋肉(オトガイ筋)の緊張が強いと、「ボコボコ」したような状態になります。これを梅干しジワと呼ぶことがあります。ボツリヌス療法によってこれを改善することが期待できます。また、梅干しジワの改善とともにアゴのラインがくっきり出ることによって綺麗な輪郭となることもあります。

料金表はこちら

メディカルピアシング(ピアス穴あけ):耳垂(耳たぶ)部のみ

メディカルピアシング

当院では金属アレルギーを起こしにくいとされる純チタン製、また最近ではチタンアレルギーの方も増えていることからプラスチック製のファーストピアスを用意しています。ピアスホールの化膿、ただれなどのトラブルも珍しくありません。ピアス穴あけは医療機関でされることをお勧めします。

料金表はこちら

男性型脱毛症(AGA)の内服治療

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)は、前頭部から少しずつ髪の毛が薄くなっていく「M型」や、頭頂部を中心に髪の毛が薄くなっていく「O型」が多くみられるのが特徴です。AGAは20歳代以降に発症するケースが一般的ですが、10歳代、遅い場合は50歳代で発症するケースもみられます。

まず前頭部と頭頂部の髪の毛が産毛になり、額の生え際が後退して頭頂部の髪の毛が薄くなってしまうのがAGAの症状です。進行性の脱毛症であるため時間をかけて少しずつ薄毛が進んでいきます。したがって、AGAを発症した場合は何らかの治療を施さない限り薄毛が進行し、最終的には、前頭部から頭頂部にかけて髪の毛がない状態になります。近年様々な研究が進み、有効な治療方法が登場しています。日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインではフィナステリドやデュタステリドという内服治療薬、さらにミノキシジルを含有したローションが推奨されています。

当院でもフィナステリド、デュタステリドを取り扱っています。フィナステリドとデュタステリド内服薬の処方は自費診療となり、健康保険が使えません。また、医師の処方が必要な薬剤です。肝臓の機能が悪いと処方できないこともありますので、まずは皮膚科専門医に相談することが大切です。

料金表はこちら
img

防府市 倉田皮ふ科・乳腺科防府市 倉田皮ふ科・乳腺科

tel:0835-25-8488

〒747-0806
山口県防府市石が口1丁目3−24

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:00

【休診日】木曜日、日曜日、祝祭日 
★土曜日午後=14:00~15:00

※皮膚科の受付時間は以下の通りです。
午前:12時まで
午後:月・火・金曜日 17時30分まで / 土曜日 14時30分まで
* 乳腺科・外科は完全予約制となっていますので、あらかじめお電話でお問い合わせください。

Googlemap

©倉田皮ふ科・乳腺科

皮膚科の当日予約はこちら